最近お受けする相談ケース(往診編)

むらまつ歯科事務局の町田です。
今日は患者さんからのある相談ごとについて歯科の先生目線ではなく患者さんやご家族に近い目線でお伝えしたいと思います。
最近良くお受けする相談ですが、「今まで違う歯医者さんに往診して貰っていたが、1年も入歯調整を毎週して貰って言うのに全く良くならない。」や「ずっと毎週治療して貰っているが普通何年も治療し続けないとならないのか?」と質問をお受けします。
はっきり言いまして、最近この手の相談が非常に多く、我々事務方では「またか。」と言うのが正直なところです。

ここまでお読み頂いて「ん?」と思いませんか?
そうです。「1年も毎週義歯の調整」本来あり得ないんです。そんなに多く保険算定はできないはずなんです。保険制度上もおかしいですし、毎週入歯の調整が必要なのか・・・と。
確かに義歯を新製した際は、患者さんによって(場合にもよる)数回調整が必要な事もあります。
それ以外に入院して痩せたり、長期間使用して緩くなったりしますので、調整は必要な場合はあります。しかし毎週調整を1年以上ですよ???おかしいですよね。
数名の患者さんに診療報告書(治療の報告書)を見せて頂いた事がありますが、毎週同じ事を書いてあるだけで何も変わらない(あ、日付は変わってました)報告書でした。
患者さんからはこんなもんなのか?それとも違うのか質問をお受けします。

当院ではこのような質問に対してはこのようにご回答しております。
まず、「第一に先生の診断によります。しかしながら1年以上毎週義歯調整は当院ではあり得ません。」とお答えします。当然状況によっては様々な治療が必要でしかもある程度長期間かかる場合もありま
す。
義歯を新製するなら速くて1ヶ月。かかって1.5ヶ月掛かりますし、調整を1回か2回すれば、合計で2ヶ月位掛かります。それでも2ヶ月です。1年間も調整し続ける事は当院ではありません。不具合があれば
調整や修理はしますが、1年も掛かりません。

他院さんの先生の方針や考え方は我々は知りませんし、その先生にも考えがあって1年間調整する根拠があり治療方針に基づき治療されているのだと思います。
でも患者さんからの相談で、一番多い歯科への不満・クレーム義歯調整を毎週、長期間している事についてが最多です。

お電話や面談相談でお話させて頂き、当院の往診を希望され治療をした際、ある患者さんは調整が3週間で2回で終了となりました。
患者さんのみならず家族さんからも「ええ?」「2回で終了ですか?」「本当に大丈夫ですか?」と先生に質問されたので、先生より「痛みがあればまた連絡下さい。往診しますから。」と一言。
その後2ヶ月以上経過した頃にご家族より連絡があり「不具合出ました?」との質問にご家族からは

「いや、そうではなく、2ヶ月経っても調子がいいと本人が言うんです」
「ご飯もしっかり食べれてるのが嬉しくて」
「本当は2回の調整だけで不安だったんですか安心して、嬉しくて電話しました」と。
なんかこっちまで嬉しくなり、先生にお伝えすると「ニヤッ」と笑顔満点で「良かった」と一言。

今回の事例のような場合は、最近こんなアドバイスを患者さんやご家族にお伝えしてます。
「治療計画書」が欲しいと伝えて下さい。それを見てご納得されれば良いだけです。おかしいと思えば質問を先生にどんどんしてみて下さい。
「なぜ1年も毎週調整続けるのか?続ける必要性はあるのか?なぜ改善されなのか?」聞いてみて下さい。
そうすれば先生方は正しい治療をしていれば真摯にお答えになると思います。そうでなければ往診に来なくなると思います。
実際何の返答の連絡もなく往診に来なくなるケースがいくつもありますし、説明なく「気に入らないならよそに頼んで」と言われたケースもあります。

「何かおかしい」、「気になる事」があればどんどん質問して下さい。徹底的な説明の上での治療が本当の医療だと思います。
当院でも徹底的に丁寧な説明を心がけております。遠慮せずどんどんご質問下さい!

 

 

 

 

 

 

 

戻る