学生実習に参加して・・・

 

こんにちは、歯科医師の伊藤茂樹です。ゴールデンウィークも過ぎ、だいぶ暖かくなってきました。先日、僕は出身大学である岩手医科大学歯学部の学生実習に参加するため岩手盛岡に行ってきました.ちょうど桜の見ごろで多くの観光客の方が来られていました。特に盛岡の裁判所にある石割桜は有名で岩の間から桜が生えてきており、生命力を感じました。もし、行かれることがあれば一度、皆さんも見て下さい。何か感じるものがあると思います。

 実習ですが僕の専門が歯を削って冠やブリッジをかぶせたり、取り外しの入れ歯を作製したりする補綴(ほてつ)という分野なのですが、その日は4年生の実習でセラミックの冠をかぶせるために歯を削る(形を整える)実習内容でした。学生たちは僕の話しに真剣に耳を傾け、ほんの少しアドバイスをしてあげるだけで見違えるほど上手に削っていました。少し上手になるだけで学生たちはすごく感動していました。僕自身も指導に熱が入り、実習後も色々と話をさせて頂きました。これから歯科医師を目指していく学生さん達の真剣なまなざしに接する事で僕自身も初心に帰ることができ、これからの日々の診療を改めて頑張って行きたいなと感じるいい機会になりました。

 

戻る