地域に根ざす在宅医療part2

事務局の町田です。

 最近日中も涼しくなり、夜はひんやりとする気持ちの良い季節になりつつありますが、当院の往診は暑い時期でも寒い時期でも全く関係なく様々な患者様のところまでお伺いする日々ですがある患者様のところでのエピソードを。

 夏前に歯科治療(入歯の作成)・口腔ケア・嚥下内視鏡(VE)検査の依頼を頂いた患者様ですが、当院が関わってすでに4ヶ月。当初は口も中々開ける事もできず、コミュニケーションも難しい状況でした。

当院からは歯科治療の前にまず、口腔ケアとVE検査。そして当院よりSTさんを紹介し嚥下トレーニングを実施。

 そして先般VE検査の再評価のため、お伺いするとよくお話もされ、こちらからの問いかけにもしっかりと応じるまでに回復。食事も当初はゼリー食をお楽しみ程度にしか召し上がることができなかったにも関わらず、今ではDrが驚くほどにまで回復されていました。

ご家族様やご本人様の努力の賜ではありますが、ご家族様やご本人様の嬉しそうなお顔を見ると関わることができて本当に良かったとチームむらまつ歯科全員で喜んでおりました。

これは改善できた良い例ではありますが、今後も1例でも多く喜ばれる治療やケアが出来るよう日々活動し続けます!!!

 

 

戻る